読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒い玉のある部屋~ナンパ転送ミッション~

20代前半ナンパ師くろのによる東京,千葉をはじめとする大都市でのナンパ物語.

左腕に刻まれた美しき彫り物~恋人ごっこのように呼吸を合わせて~

どもっ!くろのです(`・ω´・)ノ

 

 

最近暑くないっすか?

 

先週あたりから気温がグンと上がったような気がします(汗)

まだ5月なのにジリジリと暑さが迫ってきてますね

 

皆さん体調管理には気を付けてくださいね.

 

今回はそんな初夏の訪れを迎えたとある日のストに関しての記事となります!

 

この日は雷電の兄貴と久々に合流しました!

 

ちょっと遅れて合流したんですけど,,,

雷電さんは既にほろ酔いの様子.

 

軽く地蔵トークしてナンパ開始!

 

 

 

うん,なんかよくわからんけど今日めっちゃ地蔵するw

 

一方,雷電さんはさくさく声かけしてて調子良さげ(‘・c_・` ;)

 

あーこれ気づいたら取り残されるやつだって思いながら女の子に適当にダル絡みする.

 

ナンパ開始から2時間ほど経つもバンゲ止まり...

 

謎の焦燥感に駆られてる時に雷電さんがカラオケに女の子を連れ出すところを目撃するヾ(´ε`;)ゝ…

 

 

 

うん,これやばいやつw

 

街に一人取り残されてメンタル激オチして一人で坊主飯食って帰るやつw

 

帰りの電車でtwitter見て他の人の即報見てなんか萎えるやつw

 

悔し紛れに最寄り駅で最後に一声かけてガンシカされるやつw

 

家着いたら悔しくてなかなか眠れなくて寝つき悪くなって翌朝体調悪くなるやつw

 

それでも今日こそはと意気込んでその日にスト出るやつw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

悪循環の妄想してたら1日過ぎてもうたやんけw(この妄想に要した時間0.5秒)

 

はい,仕方ありません.

相棒が連れ出したのなら即れるように祈りつつ,こっちはこっちで飛びっきりの美女を即ってやろうじゃありませんか!!!

 

気分を変えたかったので場所を移動しました!

くろの「GANTZ!○○駅まで転送してくれ!!!

 

 

・・・・・・・・

 

反応なし

 

ガタンガタン(電車の音)

 

 

23時過ぎ○○駅イン!

 

よし,気合い入れなおして完ソロするぞ!

 

~LINEにて~

雷電さん「即!」

 

携帯そっ閉じ...

 

くろの「おめでとうございます!!!

 

 

......

 

いいね燃えるよ,やってやる(震え声)

 

イメージだ!今日はスト高ギャルを即る!

 

かかってこい,強めギャルかもん!!!

 

 

 

 

 

 

 

☆スト高強めギャル発見☆

 

地蔵なんてしてらんねぇ!

 

声かけ!

 

くろの「どもー!こんばんは!

強めギャル「(イヤホン外して)何ですか~?

 

ん?なんか思ったより良い反応!酔ってる?

 

くろの「あーびっくりさせたならごめんなwそりゃこんな変な奴がいきなり出てきたらびっくりするわなw

強めギャル「そんなびっくりしてないですよ?スカウトの方ですか?

くろの「スカウトちゃうちゃう!一般人!

 

~階段に差し掛かったところで~

 

くろの「とりあえずこの階段Mステ意識して降りてみよか?w

強めギャル「www

くろの「てか,さっきまで飲み会しててん!でもなちょっと聞いて!今日はてっきりオールするもんやと思っててんけど早めに終わってみんな帰るというミラクルが起きて,しかもおれ遅れて参加したからレモンサワー1杯しか飲んでへんねんww」←このセリフはいかにも面白い事言ってるでしょ?って雰囲気で言えばウケる事が多いです.雰囲気で笑わせるイメージですね.

強めギャル「そうなんですねwww

くろの「どっかで飲みなおそうかなって思ってんねんけどどっか良い店知ってる?

強めギャル「ん~.私最近こっち来たからあんましわかんないんだよね

くろの「そっかー.ちなみに何帰りなんー?

強めギャル「仕事帰りだよー

くろの「おつかれさま.仕事何やってるか当てたるわ!

強めギャル「水商売だよ

くろの「いや,さき言わんといてやwww

 

とこんな感じで平行トーク,自己開示なんかをしました!

 

ここでこの強めギャルのスペック紹介!

 

呼び名 : タトゥー子←後で分かったんですけどこの強めギャルめちゃくちゃタトゥー入ってましたw

歳 : 20歳

属性 : 圧倒的ギャル!!!

特徴 : キャバ嬢,金髪,笑顔素敵,細身,巨乳,タトゥー,酔っ払い

スト値 : 7.5

 

なかなかのハイスペックギャル!

仕事終わりで少し酔ってる様子...

 

くろの「終電もなくなってもうたからちょこっとで良いから暇つぶし付き合ってくれへん?(人´3`*)

タトゥー子「え~.この後知り合いのキャバんところに同業で飲みに行かなきゃなんだよね

くろの「まあまあまあ」←グダ流し最強説w

タトゥー子「1時間くらいならいいけど...

 

よし!通った!

 

くろの「ほな,どないしよ.軽く飲んでもいいし,仕事終わりで疲れてるならカラオケ行って休んでもいいし...

 

さあ,どっちに引っかかる???

1時間しかないってことはこちら側としてはカラオケ一択のはずなんだけど....

 

 

 

 

タトゥー子「あ!カラオケ行きたいかも!ちょっと歌いたいし!

 

よし!直カラ連れ出しが決まった瞬間だった.

ちなみにもし飲みたいということであればカラオケで飲もうっていう流れを作ってどっち道カラオケに誘導するつもりではありましたww

 

 

 

さあ!今宵の勝負相手が決まった!

制限時間は1時間!

カラオケで即るしかない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラオケイン!

 

相変わらずのレディファーストをまずは心がける!

~エレベーターにて~

くろの「ほれ!先に乗り!

タトゥー子「お!レディファーストじゃんw

くろの「せやろ?

タトゥー子「意外と出来ない人多いんだよ?女に慣れてるねw

 

後は,ドリンクを取りに行ってあげる!

ストロー用意!

 

いつも通りやってることだけど今日はなんか少し緊張した.

きっとスト高のギャルを相手にすることに喜びと不安を抱えていたんだろう...

 

部屋の電気を消して,クーラーオン!

とりあえずタトゥー子が1曲歌う.

 

1曲歌ってなんか気持ちよさそうなタトゥー子.

上着を脱いだら左腕をメインにびっしりタトゥーが入ってる.

タトゥーの入った女の子なんて久しぶりだった.

くろのはタトゥー女子割と好きですw

 

この子はきっと話す事が好きなんだろうと思って仕事の話を振ってみる...

 

仕事の話を真剣に聞く.

適当なタイミングで相槌を打つ,目線はそらさない.

うん,それでそれで?

きっと普段は夜の蝶としてたくさんの男を魅了してるんだろう.

水商売に偏見なんてないよ?(もちろんその左腕のタトゥーにも)

むしろ綺麗でいようとする努力をしてる子が多いから好感持てるよ.

こっちの雰囲気に引き込もう.

全てを包み込んであげるイメージで.

 

 

飛びきりの笑顔で仕事の話をするタトゥー子.

こんな綺麗な笑顔はそんじょそこらじゃ見られない.

すぐに彼女の笑顔に虜になった.

彼女が煙草を吸うときには火をつけてあげる.

いつも逆の立場でしょ?今日は遠慮せずに,はいどうぞ. 

 

 

次に恋愛話へと慎重に駒を進める.(ここまで入室してから約15分)

タトゥー子「彼氏は1年以上いないんだよね~

 

良かった...こんな見た目で彼氏がいるなんて言われたらさすがにビビって良からぬことを想像してしまうww

 

くろの「そっかー.でも変な話,その間に何もなかったわけではないんちゃうの?

タトゥー子「んー.お金持ちの愛人とかはやってたりしてたよ

くろの「それはタトゥー子がええ女やからやろな

タトゥー子「え?w

くろの「いや,一目見ただけでわかったわwええ女のオーラが滲み出てるねん.せやから声かけたってのもあるで?おれが声かけるぐらいやからな!」←今思えば恥ずいセリフw

タトゥー子「なんか照れるじゃん//

 

タトゥー子の頬が少し赤らむ.

よし,甘えさせてみよう.

 

くろの「最近甘えたりした??

タトゥー子「実家の犬に甘えたよ!

 

うん,そうじゃなくてw

ちょっとバカっぽいところもあるのねw

 

くろの「おれって犬っぽい顔してるやろ?w

タトゥー子「あー!確かに!チワワみたい!癒される雰囲気

くろの「いやいやチワワではないやろw目の大きさ半分分けてほしいぐらいやわw

タトゥー子「www

 

見事に甘えさせるルーティーンが失敗w

でも雰囲気は悪くない.

 

くろの「ちょっとそのタトゥー見せてや!

タトゥー子「いいよ!

距離が近づく.

彫り物が施されている腕の肌感は独特である.

かさぶたに近い感覚って言うのかな?

とにかくびっしりタトゥーが入っていた.

 

で,そのままこっちに引き寄せる.

ノーグダ.

 

くろの「今から目合わせて先にそらした方が負けっていうゲームな!はい!はじめ!

 

・・・・・

 

目をそらさずにキスを狙う...

 

タトゥー子「ちょwチューしようとしてるでしょww

くろの「あ,ばれた?w

タトゥー子「バレバレだよっw

くろの「てか一回目そらしたやろ!もう一回な!

 

 

15cm

10cm

5cm

 

恋人ごっこのように呼吸を合わせて

 

キス.

ノーグダ.

 

一瞬とも永遠とも言える時間が流れる...

 

タトゥー子が一気に女の顔に変化する.

ここがきっと即への隙間に違いない.(ここまで入室してから約30分)

 

くろの「胸に入ってるタトゥーも見せてや!

タトゥー子「え,いいよ?

 

前戯.

ノーグダ.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即!

 

 

 

はい,即でございました!!

美しき彫り物を見ながらのS○Xは何とも言えない良さがありました!

 

 ~ピロートーク

くろの「おれのイメージってどんな感じ?

タトゥー子「う~んとね,最初はチャらい人だと思ったけどレディファーストとか気配りとかしてくれて意外と紳士だと思ったよ!

くろの「ほな,チャラ紳士やなw

タトゥー子「www

 

 

 

 

即った後はタトゥー子がもう1曲歌ってちょうど1時間でした!

無事に1時間以内に即る事が出来て良かったです.

 

なんだかんだほとんど弾丸よりの即だったんですけど,即を匂わす雰囲気ってトークと同じくらい大事かもしれませんね.

 

 

 

 

くろの「そうだ!今度海行こうよ!おれのバイクの後ろ乗っけていくからさ

タトゥー子「うん!行きたい!

 

 

 

てことで,,,

 

 

 

 

 

 

海岸線のバイクデートがなんとなく決まるww

 

 

 ん?

ちょっと待てよ...

 

 

 

海に着く...

 

横にはタトゥー子...

 

当然タトゥーが見える服装になるだろう...

 

通行人に「あれ?あの男横にタトゥー入ってる女連れてる割に体真っ白じゃんw」とか思われないかな...

 

うん,そうだ!

こうしよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くろの「Hey,Siri!タトゥーシールの貼り方はよ!!